Uddeholm Unimax

    高温かつ長時間でも良好な耐摩耗性

    Uddeholm Unimaxは、高硬度熱間加工工具鋼鋼材です。高温かつ長時間でも耐摩耗性に優れています。精密鍛造や箔押しなどで高い性能を発揮します。

    • 長期生産、強化プラスチック成形、加圧成形などの、型が激しく摩耗する成形過程での耐久性と耐摩耗性が向上
    • 高い延性によりメンテナンスの混乱が低減し、工具寿命が長くなり、生産運転がスムーズになる
    • 高い耐チッピング性が要求される厳しい冷間加工での課題を解決
    • 高い硬度と靭性、良好な寸法安定性が備わるUnimaxは、必要に応じて表面処理用の下地鋼材に最適
    • 非常に優れた焼入れ性と他にない特性プロファイルを持つUnimaxは、より大きな型に特に適しているため、大きい寸法で供給
    • 全方向への優れた靭性と延性
    • 良好な耐摩耗性
    • 熱処理および使用時の良好な寸法安定性
    • 優れた無心焼入れ特性
    • 焼戻しに対する良好な耐性
    • 良好な熱間強度
    • 良好な耐熱疲労性
    • 優れた磨き性

    Uddeholm Unimax

    • 60%
    • 60%
    • 70%
    • 40%

    比較材:熱間工具鋼(SKD61)

    • 耐熱間摩耗性 40%
    • 耐塑性変形 40%
    • 耐ヒートチェック性 40%
    • 耐割れ性 35%
    Chemical composition
    炭素 0.50 シリコン 0.20 マンガン 0.50
    クロム 5.00 モリブデン 2.30 バナジウム 0.50
    Contact us for further information
    Share it