Uddeholm Shaping the world

    Uddeholmのソーセンター、操業間近

    今夏~秋にハーグフォースのUddeholm製鋼所に建設された新しい切断センターは、年末までに操業を開始する準備が整いました。切断センターの古い切断機が6台交換され、現代の標準に合わせた仕様となりました。また、665種類のパーテイションを持つ在庫システムと、自動ソートシステムを備えた、430mmまでの寸法に対応できる2台の新しい切断機を持つ新しい自動切断センターが新たに追加されました。

    「お客様の期待と、サービスの効率化へのニーズに応えるため、より速く、より効果的を追及しました3200万クローネを投資してUddeholm新しい切断センターを建設した理由は、ここにあります」と代表取締役のジョニー・ショーストロームは言います。

    この投資を行うことで、Uddeholmはリードタイムの短縮、安定した納入、切断材料の精度の厳格化を実現し、お客様へのサービスレベルを高めます。サービスレベルの向上がお客様の求めていることであり、あらゆる分野でナンバー1になるというUddeholmの戦略を守ることになります。

    Share it